アダジオ

アダージョとの機会